情報漏洩対策

SECURITY

情報漏洩対策、御社は万全ですか?

マイナンバー制度が導入されました!

ウイルス対策ソフトでセキュリティは万全だと思っていませんか?
貴重な情報を取り扱うためには、今まで以上に企業・組織としての情報漏洩に対するしっかりとした管理体制を確立する必要があります。

今まで以上の情報漏洩対策が必要な理由とは?

企業でも、従業員の健康保険・厚生年金加入手続きや、給料の源泉徴収、税金の手続きなどで従業員一人ひとりのマイナンバーを管理することになります。
もし個人のマイナンバーの情報が企業から漏洩し、悪意のある第三者に知られてしまうと、なりすましによって個人の財産を奪われてしまうことにもなりかねません。

漏洩した場合、違反者だけでなく事業主も処罰される可能性があります。

マイナンバー運用における企業リスク

民事損害
賠償請求
管理していた会社に対する使用責任や監督責任が追及される場合があります。
刑事罰
不正行為を行った従業員に対してのもの。
現状では最高懲役刑として4年が設定されている。また、雇用している企業に対して両罰規定の運用も。
行政対応
特定個人情報保護委員会が設置され、勧告や指導が行われる。ずさんな安全管理措置がなされている場合は、企業名を公表して是正を促すということも。

マイナンバー対策は大きく2つ

①従業員への周知徹底

マイナンバーを適正に取り扱うための社内規定や取扱規定を定め、総務や経理部門など、マイナンバーを取り扱う事務員を中心に、社内研修や勉強会で取扱い方法や情報漏洩対策についての周知徹底が必要です。

②安全管理措置の検討

社内規定をもとにした組織体制を整備するとともに、担当者の監督や取扱場所の区域管理・PCへのアクセス制御など、漏洩防止の様々な対策を実施する必要があります。
1.区域管理 2.端末(パソコン)管理


社内のネットワークセキュリティ対策を強化しましょう!!

①マルウェア・不正アクセスなど外部からの脅威を防ぐには

サクサのUTM SS3000を設置してセキュリティを強化しましょう。

UTMとはインターネットの入り口に設置して外部と内部の脅威から守る機械です。外部からのウイルスの侵入や不正アクセスをブロックしたり、インターネットバンキングで被害が出ているなりすましサイトへのアクセスを防止する等などパソコンでは防ぎきれない脅威もブロックします。情報の管理体制が問われるこの時代に対応するこの機械を是非ご導入ください。

サクサ UTM SS3000

②企業・従業員を守る為にもパソコンのログ管理が必要です

パソコンのログをクラウドに保存管理するログキーパーを導入しましょう。

パソコンのログ管理とは、起動してからシャットダウンするまでパソコンがどのように使われたのか記録する事です。ログには様々な情報が記録されます。情報の管理が問われる中でそのパソコンでどのような操作がされたか記録する事は万が一情報が漏えいした場合に、それぞれのパソコンで不正な操作が行われていなかったかを調べることができ、いらぬ疑いを防ぐことができます。このソフトはログ管理だけではなく、パソコンが最新の更新プログラムを導入しているか調べることができ、セキュリティの強化にもつながります。

エーティーワークス ログキーパー

③パソコンのセキュリティを強化する

クライアントパソコンを守る為にウイルスソフトは最新のものにしましょう。

UTMでセキュリティ対策を行ってもクライアントパソコンへのウイルス対策ソフトの導入は不可欠です。ウイルスの脅威は、USBやSDカードから感染する場合が多々あり、このソフトを最新のものにしておくことが重要です。ウイルス対策ソフトは様々な会社が提供しておりソフトの優越もつけにくいですが、当社はライセンスの買い切りのソフトである、KINGSOFT Internet Securityをお勧めします。このソフトは動作も軽く年間の更新料金も不要ですので、常に最新バージョンのソフトを導入することができます。

KINGSOFT Internet Security

今、対策を行う時です。リース等も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

ONESTEP Co.,Ltd.

岐阜県岐阜市六条江東1丁目1番3号
TEL:058-214-8505

ページのトップへ戻る
Copyright© 2014.ONESTEP Co.,Ltd. All Rights Reserved.